2018年09月04日

祇園祭の絵

9月4日(火) 台風上陸寸前


2018.9.4ぎおんまつり.jpg





台風上陸寸前、デスクワークのわたしは、あやしい雲行きの窓の外と涼しい風で仕事始めました。
このごろは、ひっこし頭と仕事頭で昨日今日は仕事バージョンです。
テレビでは世界ふれあい街歩き。
今日は珍しく日本の川越、小江戸です。

わたしはこんな街がだいすき(たぶんみんなすき)こんなところで暮らしたい。
こんな風景と暮らす人々を描きたい。
そうするとやはりそういう仕事がきます。
好きだから日本人の血だからそれを絵にできるのもうれしい。
川越祭りをこどもたちに伝承している街の大人たちの練習風景が画面にでてきました。
ん?この景色は、このお道具は、、。。。確か描いたぞ。。ついそっちへ気がいく。。。

廣済堂あかつき出版の小学校の道徳の教科書のとJR四国バスのの両方とも京都祇園祭です。
好きな絵だった。

受け継がれていくってすばらしい。
古い街もすばらしい。



posted by すもも編集長 at 09:58| 高知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。